Have a feature request or suggestion? Post your idea here!

Post

2 followers Follow
0
Avatar

[info]再配置ができない場合の対処方法

フォーラムサポートチーム Pioneer Kです。

今回は少し複雑なトラブルの対処方法です!

保存してある楽曲をHDD等移動する時、

一時的にrekordboxが楽曲を見失うことがあります。

この時の修正方法は [こちら]に掲載しております!

しかし実際に修正を行ってみたら、

下のような画像が出て「修正ができません」というご相談をいただいております。

coution.jpg

これは、[!]のついている楽曲の場所を修正する前に、

同じ楽曲を“正しい場所からもう一度インポートしている”ケースです。

(iTunesから自動でインポートされた場合や、

手動でインポートし直した場合にこのような状況になります。)

rekordboxはファイル名等の情報と「場所」でファイルを判断するので、

ファイル名が同じでも場所が違えば、別のファイルとして判断します。

ここで[!]の楽曲の場所を修正(再配置)しようとしても、

「同じ場所/同じ名前」のファイルは通常必要がないので、

再配置の時にこの画像のような警告が出てしまうのです。

この場合は、同じ楽曲が2つずつライブラリに存在(重複)し、

片方には[!]、もう片方は正常、という状況になっています。

タイトル順に曲に並べた場合、下の画像のような状態になると思います。

(この方法は後ほどご説明致します)

Title.jpg

「じゃあ正しくもう一度インポートされているのだから、

 [!]の楽曲情報をライブラリ消してしまえばいい!」

...と思われがちですがそうではありません!

というのも、[!]のついた楽曲情報は、

もともとお客様がrekordboxで管理してきたデータなので、

MEMORYCUEやプレイリストの情報が含まれているからです!

対して、[!]がついていない楽曲はまっさらな新曲の扱いです!

つまり“[!]がついていない楽曲”を削除した上で、

“[!]がついている楽曲”を再配置する必要があります。

■操作手順■

1.曲の重複を確認しやすくするために、曲をタイトル順に並べます。

 ライブラリ画面上部のタイトルをクリックします。

 このようにタイトル順に楽曲が並びます。

Tittle2.jpg

2.曲の左側になにもついていない楽曲(重複している楽曲)を削除します。

 キーボードの[SHIFT]ボタンを押しながら削除したい楽曲をクリックすると、

 画像のようにひとつ飛ばしに複数の楽曲を選択することができます! 

  delete.jpg

(一度に全ての楽曲を選択する必要はありません。

  もう一度のこの手順を繰り返すことで、途中から作業を再開できます)

 ※下の画像のように[CUE]が表示されている楽曲は、

  正しくインポート出来ていて、なおかつCUE情報が設定されている楽曲です。

  ひとまず削除せずに残しておいてください。

cue.jpg

3.改めて一度再配置を行います。 [こちら]の手順でお試しください!

かなり手間がかかってしましますが、

必要な楽曲を誤って削除しないためには、

この方法が一番確実で安全です。

お手数をお掛けしますがぜひお試しください!

なにかご不明なことがあれば、

ぜひこのフォーラムにご投稿ください!

Pioneer_K

Please sign in to leave a comment.

1 comment

0
Avatar

コメント失礼いたします。

この記事とは状況が多少異なるのですが、関連する内容のためこちらにコメントいたします。

 

下記事例が発生しました。

 

・アーティストA - 楽曲A ← [!]表示

・アーティストB - 楽曲A (カバー) ←「アーティストA - 楽曲A」として誤配置

 

この場合を対処するためには現状、誤って紐づいた「アーティストB - 楽曲A (カバー)」をコレクションからデータベースごと削除し、「アーティストA - 楽曲A 」に正しい再配置を行った後、「アーティストB - 楽曲A (カバー)」を再度コレクションに追加し改めて解析を行うしか方法がないように思うのですが、ほかに方法はありますでしょうか。

 

稀なケースかとは思いますが、もしこれ以外に方法がないと大変不便なので例えば「"楽曲"と"データベース"の紐づけを手動で解除し、再配置」が出来るとよいと思うのですが、これについてはどう考えますか。

啓太 渡邉 0 votes
Comment actions Permalink