Have a feature request or suggestion? Post your idea here!

Publication

1 abonné S’abonner
0
Avatar

rekordboxを使用し続けるとCPUが故障する可能性。

先日rekordboxの担当者と電話でお話させていただいた内容で、

rekordboxが固まると言う問題について、原因を発見致しましたのでご報告いたします。

この問題については三台のMacBookで試した結果、そしてAppleのプロフェッショナルサポートチームも原因について調査してくれました。

まず、rekordboxを操作していると固まったり、操作に遅延があったりと言う問題を約1年半前からこのフォーラム上またはE-mailにてrekordbox側とやりとりをしてきましたが現時点で何の解決にもなっておりません。

 

おそらく下記の手順を行えば誰もがこの問題を数値で確認できることだと思います。

まず、Macの中にあるアクティビティモニタを開くとCPUの使用率がでてきます。

そしてrekordbox DJを起動し、極力アクティビティモニタをずっと見続けれるようにします。

極力rekordboxに負荷をかけてみます。

私がやってみたことを書いてみます。

1. rekordboxを立ち上げた状態で曲をロードせず、スペースキーで楽曲一覧を出したり消したりの、つまりはスペースキーを連打する。その後、アクティビティモニタを開きCPU使用率を見てみる。

2. 4トラックに曲をロードし、全てのSyncをOnにし、上部のエフェクト6つを全て稼働させて4トラック全てを再生した状態でアクティビティモニタを開きCPU使用率を見てみる。

3. 楽曲の解析中、アクティビティモニタを開きCPU使用率を見てみる

 

実験したMacの詳細は

MacBook Pro 13-inch 2016, Four Thunderbolt 3 Ports

プロセッサ 3.3GHz Intel Core i7

メモリ 16GB 2133GHz

SSD 512GB

 

で上記の実験をしてみたところ、1と2はCPU使用率が136.7%、当然それに付随するその他の物WindowServer 29.2%, Kernel_task19.3%という数字になりました。

3ではCPU使用率が317.4%と言う数値になりました。

 

上記の観点からCPU使用率が多い時に問題が起きているのではと思い、アクティビティモニタを常に見れる状態にし、通常のDJプレイをしてみたところ、CPU使用率が70%を超える位から、遅延またはフリーズしていることが判明致しました。2トラックを使用してのDJプレイではCPU使用率がだいたい70%位、4トラックを使用してのDJプレイでスクラッチなどをするとCPU使用率は130%を超えてくることが判明致しました。

 

CPU使用率が70%を超える状態でよくある誤作動は

. サンプラーを押しているのに反応しない。押してから3秒ほど経過してからサンプラーが鳴る。

.   ROLL使用時ROLLパッドを離してもROLLし続ける。この際の解決法は縦フェダーを下げるか、CPU使用率が下がるまで待つしかない。

.  曲を探すことが出来ない。ロードできない。DDJシリーズのコントローラーで曲を探すハンドルが全く効かない。

.  エフェクト無反応。

.   ピッチフェダー無反応。

.   HOTCUE無反応またはHOTCUE Aを押すとDまたはBが反応する。

他にももっとありますがこの様な状況となります。

 

以前私が使用していたMacBook Air (Core i7 2.0GHz 8GBメモリ SSD250GB)ではアクティビティモニタの存在を知りませんでしたのでこの実験はできておりません。しかし、rekordboxが今よりフリーズする回数は多かったと記憶しています。

 

そしてもう一台MacBook (Early 2015 1.3GHZ Core M 8GBメモリ SSD512GB)でrekordboxをインストールして同様の実験を行ったところ、こちらには楽曲もほぼ入れていないのですが1の実験をしてみたところ、こちらも1と2はCPU使用率が100%を軽く超えました。

 

Appleのプロフェッショナルサポートチームからの強い薦めで上記のMacBook proを一旦PCの全てのデータをバックアップしてからSSDのデーターを消去しOS再インストールをしてみて、rekordboxだけをインストールし、数曲だけでrekordboxを動かしてみて上記の実験を行ったところ、やはりCPU使用率が100%を超えました。そしてこのCPU使用率に関しましてはPCのコアの数により異なることとAppleの方から教えていただきました。

 

結果、rekordboxがCPU使用率を食うソフトだと言うことが判明されました。rekordbox担当者はこういった問題を聞いたことないので分からないの一点張りでしたが、Twitterなどで

rekordbox CPU使用率、または レコボ CPUと検索していただくと多くの方々がこの問題に悩まされている書き込みがあります。

 

そしてこれはAppleのプロフェッショナルサポートチームからのお知らせですが、このCPU使用率でPCを使っているとCPUが故障する可能性がかなりあると言うことだそうです。

 

後2ヶ月でrekordboxを使って2年になります。これまで何度もこの問題についてrekordbox側にお知らせや情報提供、それに何度も薦められて行ったOS再インストール、全て時間の無駄でした。

 

早急な対応をしないとPCが壊れたなどの問題に発展する可能性があります。おそらく今回も何の対策も講じないかとは思いますが、こんなソフトを使ってくれているユーザー様たちのために今回位何かしろの行動に移してみてはいかがですか?

DG

Commentaire officiel

Avatar

各種症状についてご迷惑、
またCPUの使用率についてご心配をお掛けし、
誠に申し訳ございません。

■CPU使用率と各種症状について
始めにアクティビティモニタの、
CPUの使用率につきましては、
Mac内の各コアやスレッドの使用率を、
合計して表示するものでございます。
※あくまで一例ではございますが、
 4つのコアで25%ずつの使用率の場合、
 合計して100%という表示となります。

この上で、rekordboxの動作仕様上、
この値が100%を超える場合がございますが、
こちらは異常を示すものではございません。

また担当技術部門にて、
実際に100%を超える様々状況での動作を、
改めて確認させていただきました。
その結果と致しましても、
ご指摘の症状の発生はございませんでした。

このため、今回ご迷惑をお掛けしております、
各種の症状につきましては、
"70~100%のCPU使用率"以外に、
直接的な原因があるものと推察致します。
踏まえての詳細原因の調査等につきまして、
引き続き、別途ご対応させていただきたく存じます。

■楽曲解析とCPU使用率について
rekordboxの楽曲解析におきましては、
その仕組み上、CPUが処理を行う際、
他のデバイスからの応答を待機する必要がなく、
そのコア(スレッド)を最大限に活用し、
解析を行うことが可能でございます。

このため、CPU使用率の値と致しましては、
伴って高い値を示すものでございますが、
正常な範囲を超える処理を、
生じさせるものではございません。
※類似のケースと致しましては、
 動画のエンコード等を実施する場合と、
 概ね同等とお考えいただければと存じます。

なお一般的にCPU負荷状況に合わせ、
主に熱処理のため、様々な対策が自動的に実行されます。
また上記の通り、CPU使用率につきましては、
コアやスレッドの使用率の合計であることも踏まえ、
300%という値につきましても、
ご使用環境の不具合に繋がるものではございません。

上記の点につきましては、
ご安心をいただければと存じます。

改めてご迷惑、ご心配をお掛けし、
誠に申し訳ございません。
何卒、宜しくお願い申し上げます

---------------------------------------------------------
【rekordboxのご使用でお困りのお客様】
rekordboxのご使用に際し、
何らかのお困りの点がございます場合は、
ぜひご遠慮なく下記URLより、
お申し付けをいただければと存じます。
https://rekordbox.com/ja/support/inquiry.php

※製品の操作や初期設定等につきましては、
 下記のお電話窓口からもご相談いただけます。
 https://www.pioneerdj.com/ja-jp/support/contact/japan/
---------------------------------------------------------

Pioneer DJ サポートセンター

Veuillez vous connecter pour laisser un commentaire.

1 commentaire