Have a feature request or suggestion? Post your idea here!

Publication

1 abonné S’abonner
0
Avatar

rekordbox 5.4.3 リリースのお知らせ (2019.2.5)

rekordbox.comからダウンロードできます。

 

rekordbox ver. 5.4.3 リリースノート

[機能追加]

-Alphanumeric形式でキーを表示するオプションを追加

  • [環境設定]>[表示]>[キー表示形式]にて[Classic]形式または、[Alphanumeric]形式が選択できます。

        

   [Classic]形式:Abm,B,Ebm,F#,Bbm,Db,Fm,Ab,…,F#m,A,Dbm,E

   [Alphanumeric]形式:1A,1B,2A,2B,3A,3B,4A,4B,…,11A,11B,12A,12B

   "1m"や"01A"などの表記をお使いの場合、上記の設定では表示できなくなります。

   以前の表示に戻すには[環境設定]>[表示]>[キー表示形式]の[データベース上のキー情報を表示]にチェックを入れてください。

 

-RGB式でもカラーホイール式でもない灯体に対応

[機能改善]

-MACRO EDITOR画面の改善

[バグ修正]

-MACRO EDITOR画面にて輝度が描画されず編集できないことがある問題を修正

-ブラウズのスクロールでラグが発生することがある問題を修正

-見つからないファイルを再配置できないことがある問題を修正

-コレクションとRelated Tracksで表示されるキーが異なる問題を修正

-サマリー表示でキーが正しく表示されない問題を修正

-Automix中、LOOP CAPTUREできないことがある問題を修正

-DVS ABSOLUTEモードでEXPORTモードにし、rekordboxを再起動すると再生トラック補助情報パネルで編集ができない問題を修正

-(Winのみ)rekordbox lyricで "Tectonic"モーションを使うと、ひし形エフェクトの文字が正しく表示されない問題を修正

-特定のMacでPC Master Outを有効にできない問題を修正

 

-その他のバグの修正と安定性の向上

 

macOS High Sierra、Mojave をお使いのお客様への重要なお知らせ

ドライバソフトウェアのインストール後、Macのシステム環境設定にてドライバを有効にしないと接続した機器が認識されません。

以下のリンクにございます手順書に従って、ドライバを有効にしてください。

macOS High Sierra 10.13 およびMojave 10.14にドライバソフトウェアをインストールする際の注意事項

手順書はこちら

 

DDJ-1000をお使いのお客様への重要なお知らせ

rekordbox使用時にDDJ-1000のBEAT FX CH SELECTツマミがMASTERもしくはMIC等の選択状態でBEAT FXをONすると音が途切れるという問題が確認されています。

お使いのDDJ-1000のファームウェアをVer1.05以降、rekordboxをVer5.3.0以降にアップデートを行ってご使用下さい。

DDJ-1000: ソフトウェア&ファームウェア更新情報はこちら

y h

Cette publication n’accepte pas de commentaire.